セラミック治療のよくある例 その8 詰めものがとれてずっと放置していたら・・・ |浦安市の歯医者|新浦安駅のローズタウン歯科クリニック

1day短期集中治療対応

駐車場有り

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

047-354-5418

千葉県浦安市富岡4-1-8【新浦安駅近く】

セラミック治療のよくある例 その8 詰めものがとれてずっと放置していたら・・・ 

セラミック歯

 

おく歯のつめものがとれてずっと放置していたという方。

セラミック歯

 

矢印の部分に金属がはまっていたのがとれています。

ふちの部分でほっぺたを咬んだあとがあり、とても痛々しいです。

一度咬むとまた同じところを咬んでしまうということを繰り返しやすいのです。

セラミック歯

 

少し茶色くなっています。

むし歯になっています。

クリーム色の部分はつめものです。

その下はどうなっているのでしょうか、

ここもはがして確かめる必要がありそうです。

 

少しずつクリーム色の部分を削って行きます。

セラミック歯

 

やはり下の部分にはむし歯ができていました。

フレーク状に歯がぽろぽろと削れてきます。

このような状態では構造を維持することはできません。

 

セラミック歯

 

だいぶ取り除きました。

これで大丈夫でしょうか?

セラミック歯

 

むし歯の取り残しがないか赤く染め出して確認します。

セラミック歯

 

まだまだ残っているようです。

セラミック歯

まだぽろぽろと取れてきます。

手前の歯との間をチェックしてみます。

セラミック歯

 

ここにも亀裂が入っています。

そしてむし歯があります。

セラミック歯

 

ここもきれいに削ります。

セラミック歯

 

ようやくむし歯を取り除くことができました。

約30分ほどかかっています。

セラミック歯

 

神経の空間に近いところまで触っているため

樹脂で封鎖して保護します。

セラミック歯

 

セラミックを接着して治療終了です。

セラミック歯

 

ところでお気づきになりましたか?

ひとつ手前の歯のひび。

セラミック歯

 

矢印のところにひび(上の矢印)、すきまのむし歯(左の矢印)、微少な亀裂(右の矢印)が見えます。

セラミック歯

 

入っているのはアマルガム合金です。

金属を外す場合はアマルガム合金に含まれる水銀に配慮する必要があります。

 

どのように配慮するのか?

 

特殊な防護をします。

 

これはご本人に直接お伝えしてから行いますのでここには記載しません。

 

昔は保険でも認められたアマルガム合金がいまでは環境への配慮から

使われなくなっているとは当時誰が想像したでしょうか?

 

おそらく、国が認めているから大丈夫だろうという風に思っていたはずです。

精度の高い気化水銀メーターにより気化水銀が検知できる時代がくるとは、

ほとんどの人が考えなかったでしょう。

 

防護なしで安易に削ることはおすすめしません。

水銀のデトックスかなり大変ですし、

検査費用、デトックス費用などかさみます。

 

金属を外す時はしっかりと防護しましょう。

ラバーダムだけでは防護ではない

ということを付け加えておきますね。

トップへ戻る