矯正歯科・マウスピース矯正|千葉県浦安市の歯医者|新浦安駅すぐのローズタウン歯科

1day短期集中治療対応

駐車場有り

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

047-354-5418

千葉県浦安市富岡4-1-8【新浦安駅近く】

矯正歯科・マウスピース矯正

浦安地域最安値クラス!見えないインビザライン矯正が、38~76万円!

最安値クラス

当院では少しでも多くの方に素敵な笑顔、スマイルを獲得していただきたいという思いで、軽度の矯正なら38万円から、通常でも76万円(重度の方でも最大89万円)という浦安地域最安値クラスの治療費にてインビザライン矯正治療をご提供しております。精密検査・治療計画・定期管理調整料・保定装置料は治療費に含まれますので、来院回数に限らずこれ以上追加料金はかかりません。

「目立たない・安い・取り外し可」のインビザライン矯正(無料相談受付)

矯正歯科・マウスピース矯正

当院の歯列矯正治療はすべて透明なマウスピース(インビザライン)を使用した矯正治療をおこなっております。12歳以上の方であれば、基本的にはどのような歯並びの方でも治療が可能です。実際に際に治療を行う歯科医師が、子どもから大人に至るまで、矯正治療に関することなら何でも無料で相談に応じていますので、お気軽にご相談ください。

こんな矯正を待っていた!次世代のインビザライン・マウスピース矯正!

次世代

歯列矯正というと、歯に取り付ける金属製のワイヤーやブラケット(個々の歯につける金具)が目立ち、食事や歯磨きにも支障が出るのでは、というイメージが強いかと思われます。ですが当院では、「インビザライン」というマウスピース矯正を用いた、最新の矯正治療をご紹介しております。これならば目立つことも口腔内を傷つけることもなく、食事や歯磨きの際には取り外すこともできるので、非常にお手軽です。

透明だから目に見えにくい

透明で目立たない

薄く、しかも透明なポリウレタン製のアライナーを用いますので、傍から見た場合にも装着していることがわかりにくいです。

取り外しが簡単

自分で取り外し

アライナーは着脱が簡単なので、歯磨きや食事も普段通り行えます。食べてはいけないものなども特にありません。

痛みや違和感なども生じない

痛みがない

ポリウレタン製のアライナーは歯ぐきまでピッタリとフィットし、痛みや違和感も生じないという方がほとんどです。

歯の移動を3D動画で可視化

治療を開始してから完治に至るまでの歯の移動を3D動画化することで、矯正治療のゴールをわかりやすくします。

金属アレルギーでも心配なし

アレルギーも安心

ワイヤーやブラケットのように金属を用いないため、金属アレルギーの方でも安心して治療を受けていただけます。

通院の回数や頻度も少なめ

通院回数

アライナーの交換は2週間ごとですが、これはご自宅でできます。ご来院いただく頻度は1ヶ月半から3ヵ月ごとで、ご多忙な方や遠くにお住まいの方にも心配いりません。

世界中での広い支持

世界中で支持

この装置は、世界各国で450万人以上の矯正治療患者の方々に使用されています。その満足度は89%以上。信頼と実績があるのです。

従来の装置よりも話しやすい

喋り易い

マウスピースは厚さが約0.5mmと薄く、厚みや凹凸がないために話しづらさや発音障害がほぼ生じません。

多様な症例にも対応

多くの症例

外科処置が必要となってしまうような非常に重度の症例を除けば、ほぼ全ての場合においてインビザライン矯正治療が可能です。

歯を抜くことのない歯列矯正とは?インビザライン治療の特長

抜歯しない歯列矯正

従来の抜歯による歯列矯正では、正面から4番目ないし5番目の歯を抜くことで歯の並ぶスペースを確保するのが一般的でした。これに対しインビザラインでは、歯列全体を遠心移動によって後ろへ動かし、「抜歯不要の矯正」を可能とします。そのため、親知らず以外の歯を抜く必要がないのです。

歯の遠心移動の仕組みとは

歯の遠心移動の仕組み重なり合った歯を並べるには、そのためのスペースが必要です。

歯を抜くことでスペースを作り出していた従来の矯正治療とは異なり、インビザライン矯正では親知らずだけを抜歯することで歯列全体を後ろへと移動させ、それによってスペースを作り出すのです。

インビザライン矯正のメリットとデメリット

インビザライン矯正のメリット

  • 透明で目立たず、矯正治療を受けていることを他人に知られずに済む。
  • 着脱が容易なので、食事や歯磨きの制限や不便も生じない。
  • 矯正開始時から完了時までの歯の動きを3Dシミュレーションにより視覚的に確認可能。
  • ポリウレタン製のアライナーを用いるため、金属アレルギーの方でも安心。
  • 素材が薄く滑らかなので、口の中を傷つけ、炎症を生じさせるという心配がない。
  • アライナーの交換は患者が自分で行えるため、通院回数や頻度も抑えられる。

インビザライン矯正のデメリット

  • アライナーだけでは治療が困難な症例もある(ただし、一時的・部分的なワイヤーやブラケットなどの補助装置の併用により、対応可能なことも多い)。
  • 装着時間が決められており(1日につき20時間以上)、それを守らないと治療計画が順調に進まない。食事後や歯磨き後にアライナーを装着し忘れるといったことがあれば、矯正期間の延長などといった影響が生じる。

インビザライン矯正ではどのような歯並びを治せるのか?

不正歯列

歯列矯正の対象となる歯列不正には、以下のような種類があります。これらに該当する場合は、インビザライン矯正をぜひお試しください。

出っ歯

出っ歯

日本人の戯画などでも登場しますが、上の前歯が前方に突き出している状態をいいます。見た目の印象にも大きく影響します。

開口

開口

奥歯を咬み合わせたときに前歯が咬んでおらず、隙間が生じてしまっている状態をいいます。口がいつでも開いていることになるため、こう呼ばれます。

受け口

受け口

出っ歯とは逆に、下の歯が上の歯よりも前方に突き出し、顎が出ている状態をいいます。上の歯が削れてしまうといった問題が生じます。

叢生(そうせい)

叢生

いわゆる「乱杭」のことで、歯がバラバラな方向へ生えている状態をいいます。きちんと咬むこともできず、虫歯になりやすいという問題があります。

空隙(くうげき)

空隙歯列

いわゆる「すきっ歯」のことで、歯の間に隙間がある状態をいいます。開口時に目立ち、発音に支障が出る場合もあります。

過蓋(かがい)

過蓋咬合

開口とは逆に、上下の歯が深く咬み合い過ぎている状態をいいます。放っておくと歯がすり減ってしまうといった問題が生じます。

浦安市で矯正歯科をお探しの方は、ぜひ当院へ!

信頼できる矯正歯科

浦安市において歯並びの悩みをお持ちの方は、一度当院にご相談いただければ、インビザライン矯正に関して、どれだけの費用や期間が掛かるか、他にどういった矯正手段があるかといったことを丁寧にご説明致します。ご相談は無料ですので、どうぞお気軽にご来院ください。

トップへ戻る