痛くない親知らずの抜歯|千葉県浦安市の歯医者|新浦安駅すぐのローズタウン歯科

1day短期集中治療対応

駐車場有り

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

047-354-5418

千葉県浦安市富岡4-1-8【新浦安駅近く】

痛くない親知らずの抜歯

親知らずは抜いたほうがいい? 抜かないほうがいい?

痛くない親知らずの抜歯

親知らず(親不知)が生えている場合、早く抜いたほうがいいのではないか、とお悩みの方もおられるかと思います。確かに、親知らずを放っておくことで痛みや腫れが生じることもあります。ですが、全ての親知らずを抜かなければならないわけではありません。それどころか、抜かずにすむ親知らずは抜かないでおくほうがいいと当院では考えます。

親知らずは再利用することができる!

将来的な移植の可能性

親知らずをできる限り抜かずに残しておくべきだと当院が考える理由は、以下のとおりです。

このように、抜歯によって歯が欠ける場合に、親知らずはインプラントや入れ歯とは異なる選択肢を残してくれるのです。また、インプラントや入れ歯とは異なり、親知らずは天然歯で、かつ自分の歯ですから、身体にもよく馴染むのですね。

親知らずを移植する場合の条件について

残念ながら、親知らずであれば無条件で移植ができるというわけにもいきません。

親知らずの形状やサイズ、どこへ移植したいのかといったことがポイントとなりますので、ひとまずご来院をいただいた上で、診察を受けてみてください。

親知らずを抜いたほうがいい5つのケース

親知らずは抜くべき

歯ぐきから少しだけ親知らずが覗いており、それ以上成長しないと考えられるケース

多くの場合、親知らずが横や斜めに生えており、歯ぐきから一部のみ露出している状態がこのケースです。こうした場合、ブラッシングなどによる清掃が大変で、歯周病や虫歯といったリスクが高まります。早めに抜いてしまったほうがよいでしょう。

手前の歯を親知らずが圧迫していることで歯列に悪影響を及ぼすケース

親知らずが横へと伸びている場合、隣接する手前の歯を親知らずが圧迫し、今後の歯並びに悪い影響を及ぼす可能性があります。たとえ現時点で痛みはなくとも、抜いておいたほうがよいと考えられます。

生えている親知らずの周囲に嚢胞があるというケース

嚢胞(のうほう)というのは、膿の固まりのことです。レントゲン写真を撮ったとき、親知らずの周囲にこの嚢胞が写る場合があるのですが、このようなときにも親知らずは抜いておくのがよいでしょう。

咬み合わせに問題があり、歯ぐきや頬を傷つけているというケース

親知らずが咬み合わないまま成長すると、歯ぐきや頬を傷つけてしまう場合があります。こうした場合は炎症などの原因となるので、抜いてしまうに越したことはありません。

親知らずが重度の虫歯となってしまっているケース

そもそも親知らず自体が虫歯になってしまっているのであれば、無理に残そうとするよりも抜歯してしまったほうがよいともいえるでしょう。

親知らずを抜く時の痛み、抜いた後の痛み

親知らずの抜歯の痛み

抜歯に時間が掛かれば掛かるほど、抜歯後の痛みも強くなると考えられます。したがって、親知らずが骨の奥にまで埋まっている場合や横や斜めに生えている場合は、麻酔が切れた後の痛みも強くなりがちです。当院では、抜歯に慣れている歯科医師がレントゲンやCTなどを用いたシミュレーションをきちんと行った上で、あまり時間の掛からないスムーズな抜歯を行います。

難易度の高い抜歯と痛みについて

難易度の高い抜歯抜歯に時間が掛かれば掛かるほど、抜歯後の痛みも強くなると考えられます。したがって、親知らずが骨の奥にまで埋まっている場合や横や斜めに生えている場合は、麻酔が切れた後の痛みも強くなりがちです。

当院では、抜歯に慣れている歯科医師がレントゲンやCTなどを用いたシミュレーションをきちんと行った上で、あまり時間の掛からないスムーズな抜歯を行います。

抜歯後のドライソケットの痛みについて

ドライソケットドライソケットというのは、親知らずの抜歯後の歯ぐきの穴に溜まってカサブタのようになった血が剥がれることで、強度の痛みが生じるという現象をいいます。ドライソケットの痛みはかなり強いものですので、それを防止するためには、抜歯後にうがいを行わないといった注意を守る必要があります。

また、抜歯後に人工のコラーゲンを充填することでドライソケットを防止するという方法もありますので、ご相談ください。

親知らずの抜歯と小顔の関係は?

小顔効果

特に女性の方にとっては、親知らずの抜歯が小顔効果をもたらすのか、ということが気になるようです。小顔になるのであれば親知らずを抜くことも検討したい、というのだと思われますが、結論としては、それを期待しての抜歯は控えたほうがよいでしょう。確かに下顎の親知らずはエラ部分に近く、歯を抜くことで骨が吸収されてエラが薄くなる可能性はあるのですが、見た目にはっきりと表れるほどではないと考えられます。親知らずの抜歯は、必要のある時に限るのが無難です。

浦安市の歯科医で親知らずの診断や抜歯を検討されている方へ

親知らずの診断や抜歯

親知らずの診断や抜歯をお考えになっている方は、ぜひローズタウン歯科クリニックへご相談ください。当院では、患者様の口腔内の現状や将来のことまで考慮した上で、抜くべきか否かを検討し、ご提案致します。また、痛みをできる限り抑えた抜歯も致します。まずは一度ご来院ください。

トップへ戻る