インプラント|千葉県浦安市の歯医者|新浦安駅すぐのローズタウン歯科

1day短期集中治療対応

駐車場有り

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

047-354-5418

千葉県浦安市富岡4-1-8【新浦安駅近く】

インプラント

ローズタウン歯科クリニックにおける精密インプラント治療のポイント

インプラント

外科処置としてのインプラント治療を安全に行うために、万全な準備と適切な環境、技術と経験を併せ持つ執刀医は欠かせません。もちろん、当院のインプラント治療においては、それらの要素を全て備え、精密なインプラント治療を行っております。浦安市からだけではなく、千葉県の全域からインプラントを希望される方が来院されているのはそのためでしょう。以下では、そんな当院のインプラント治療のポイントを6つご説明致します。

① インプラント治療後にすぐ噛める!治療期間短縮インプラント対応

1日で噛めるインプラント治療インプラント治療を受診するかどうかお悩みになる時の理由の1つとして「治療期間の長さ」があります。

インプラント治療は通常、まず一次手術として顎骨にインプラント体の埋入手術を行った後、インプラント体が骨にしっかり結合するのを3~6ヶ月待ってから、インプラント上部構造等を被せる二次手術を行って治療完了となるのですが、その3~6ヶ月の待機期間は、奥歯の場合は仮歯なし、前歯の場合は両隣の歯に仮歯を接着という状態でお待ちいただくことが通例です。

「インプラント治療における数ヶ月の待機期間の問題」これは非常に患者様への精神的、肉体的負担となり、インプラント治療を敬遠されることもあります。

が、しかし、この待機期間をなくし、一次手術直後に仮歯をインプラント体に固定し、見た目が自然さらにその日から噛めるようにする方法があります。これを「即時負荷インプラント法」と呼びます。

インプラント治療完了までの期間= 6ヶ月2.5ヶ月!

一般的なインプラント治療直後の前歯

抜歯即時埋入インプラント

通常のインプラント治療であれば、この状態か、仮歯なしのいづれかで3~6ヶ月過ごすことになります。この部分では噛めないし、見た目も悪いです。

即時負荷インプラント治療直後の前歯

抜歯即時インプラント

即時負荷インプラントなら、治療直後から仮歯を直接インプラント体に取り付けられ、噛める状態でお帰りいただくことができます。

即時負荷インプラントは条件がありますのでお問合わせ下さい

どうせインプラント治療を行うなら、治療期間が短い方が良いのは当然ですよね。

当院でもほとんどの方が即時負荷インプラントを希望なさいますが、即時負荷法を行うためには顎骨の状態や咬み合わせなど複数の条件がございます。

その条件を満たしているのか、また、そもそもインプラント治療が必要なのか、他に治療の選択肢はないのか、というところも含めてまずは当院までお気軽にご相談下さい。

※即時負荷インプラントについて、より詳しくブログ記事にしましたので、こちらよりご覧ください。

② 安心して治療を受けていただくための安全環境づくり

環境づくり

インプラント治療への安心や安全は、きちんとした環境づくりからスタートします。当院では、治療のための準備をしっかり整え、患者様に合わせた処置を行います。

マイクロスコープ精密インプラント治療

マイクロスコープ

マイクロスコープをインプラント手術に応用することで、抜歯後の速やかなインプラントや骨の造成処置などにおいて、精密であり、かつ患者様のお身体へ与える負担の少ないアプローチが可能となります。

安心のインプラントメーカーを使用

インプラントメーカー

実はインプラントメーカーというのは品質の差が大きく、営利のみを重視するようなメーカーもあることから、きちんと吟味して選ぶ必要があります。当院で用いているのは主にストローマン社及びデンツプライ社のもので、これらのメーカーは世界でも評価が高く、信頼性がデータによって裏付けられています。

個室オペ室と滅菌体制の整備

個室オペ室と院内感染防止

当院では個室オペ室において、厚生労働省の定めた滅菌体制を整備し、インプラント手術中における院内感染を徹底して防止しております。もちろん、手術の際に執刀医が集中できる環境づくりという意味からも、医療事故の防止に個室オペ室は役立ちます。

予めの丁寧かつ精密な診査と診断

事前の精密な診査・診断

インプラント治療に際しては、口腔内や患部の範囲・形状などを予めきちんと把握しておくことが重要です。精度の高い手術を行うために、レントゲンやCTスキャンのデータ、患者様の体質などを踏まえた診査や診断を行っております。

超音波切削器具の使用による低侵襲治療

超音波特殊切削器具の応用

硬い骨を切る道具として用いられる超音波切削器具(サージボーン)ですが、これをインプラント手術に応用することで、周囲の粘膜や神経血管を傷つけずに精密な骨窓の形成を行うことが可能となります。身体への負担を最小限にとどめるための処置の一つです。

遠心分離した自己血液の応用

血液遠心分離

人間の身体というものは、異物に対して抵抗を示すようにできています。そのため、遠心分離した自己血液を、処置した部位へ応用することで馴染ませ、痛みや腫脹、止血効果を得ることができます。また、骨移植や骨補填材の移植よりも術後の感染リスクが圧倒的に少なく、治療後の快復も良くなるという性質があります。

③ CTスキャンを利用した綿密な診断

有効な医療機器

インプラント治療においては、骨の厚みがどのくらいか、どこに神経が通っているかなど、事前に把握して置かなければならない情報がたくさんあります。これらの情報を得るには、レントゲン写真のみでは足りません。そこで当院では治療前にCTスキャンを利用することで、そうした情報を把握して治療計画をより綿密に立てられるようにしています。CTスキャンを設備として備えている歯科医院は今なお多くはありませんが、治療に完璧を期すためにもCTスキャンはなくてはならないものといえます。

④ 様々な選択肢の提示やリスクなどの説明もきっちりと

情報提供

インプラント治療には様々なメリットがありますが、外科手術である以上は、多少のリスクも存在します。一度治療に成功したとしても、その後の口腔内の状態によってはインプラント歯周炎が生じてしまうこともあります。インプラント治療におけるトラブルの回避には、やはり患者様ご自身による治療のリスクへの認識や理解も大事だということです。

インプラントに関するセカンドオピニオンも実施

当院で実施しているインプラント関係のセカンドオピニオンは、2つあります。1つは当院のインプラント治療に関して、他院でのセカンドオピニオンを受けること。もう1つは他院で行われたインプラント治療に関して、当院からセカンドオピニオンを示すことです。

インプラント治療においても患者様のご理解と納得が重要です。当院ではメリットのみならずリスクもきちんとご説明しますので、ご心配はいりません。

⑤ 骨の厚みや高さが不足する場合、骨造成法にも対応します

顎の骨の厚みや高さが足りない場合、他院ではインプラント治療を断られることもあります。これは、インプラント治療が顎の骨に直接インプラント体を埋め込むため、しっかりと固定できるだけの骨量が必要だからです。しかし、当院ではソケットリフトやサイナスリフトと呼ばれる骨造成法にも対応しておりますので、他院で断られるような患者様でもインプラント治療を受診できる場合があります。

ソケットリフト

ソケットリフト

上顎の部分の下の骨が薄い場合に行われる骨造成法で、インプラントを挿入する穴の中に人工の骨を埋め込んでおくことで、骨を厚くします。

サイナスリフト

サイナスリフト

これも上顎の部分の下の骨が薄い時に行われる骨造成法で、ソケットリフトよりも患者様に掛かる負荷は大きくなりますが、骨により厚みを出すことができます。

⑥ 治療後のアフターケアも充実しています

治療後

末永く快適なインプラント生活を送るには、治療後のケアやメンテナンスが欠かせません。手入れを怠ると、感染症や歯周病などの発症リスクもあります。

アフターケア

特にインプラント周囲炎は、天然の歯での歯周炎よりも進行が速く自覚症状もないので、気づいた時にはかなり重度となっていることも少なくないものです。そういった問題を避けるため、当院では歯やインプラント体周りのクリーニングなど、治療後のアフターケアもしっかりと行います。

浦安市でインプラント治療を考えていらっしゃる方は当院の無料相談へ!

インプラント治療

当院ではインプラント治療に関する無料相談も受け付けております。浦安市内においてインプラント治療を検討されている方は、一度ご相談ください。他にもセカンドオピニオンへの対応も行っており、歯科医師と患者様の間の信頼関係を重視しております。さらにインプラント後も長く快適に過ごせるようアフターケアも完備しておりますので、ぜひローズタウン歯科クリニックへお越しください。お待ちしております。

トップへ戻る