失ったものを取り戻す パート3|浦安市の歯医者|新浦安駅のローズタウン歯科クリニック

1day短期集中治療対応

駐車場有り

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

047-354-5418

千葉県浦安市富岡4-1-8【新浦安駅近く】

失ったものを取り戻す パート3

歯周病が重度に進んでしまうと、

歯を支える骨がなくなり、

歯がゆるみます。

 

ご自分でもそれを簡単に調べる方法があります。

 

それは、

両方の奥歯でカチカチと軽くかみあわせて、

手の指の爪の先端を歯の表面においてみる方法です。

(全ての歯に試してみて下さい)

 

そのときに

歯が明らかに動くようであれば、

その歯はかみ合わせのバランスを失っています。

 

そのバランスを失った歯に

歯周病がからむと、

周りの骨はどんどん溶けていきます。

 

砂山に立てた棒の周りの砂をとっていくと

棒が倒れるイメージと同じです。

 

この方↓もおそらくそのような状態が長く続き、

歯の周りの骨を広範囲に失ってしまいました。再生医療

 

 

歯を抜いてインプラント治療を行う方が、

断然シンプルに行えるのですが、

「どうしてもインプラントを避けて、自分の歯を使いたい」

という思いがありましたので、

失った骨を再生させる方法を併用しました。

 

通常の歯周ポケット(歯の周りの溝)は、

正常で2−3mmほどですが、

深いところで15mmもポケットがありました。

 

そして、

今にも抜けそうなぐらいの、

動揺(歯の動き)がありました。

 

歯が動かないように仮歯を作り、

他の歯とつなげた上で、

手術用顕微鏡で8倍に拡大して、

処置を行います。

 

とても繊細で、大変な処置です。

 

それを考えると、

もう一度書きますが、

インプラント治療を行い、

骨の造成処置を行った方が本当にシンプルです。

 

これから、

1年ほど仮歯で過ごしてもらい、

1年後に患部の再生した度合いを確認していきます。

 

また、

処置をしたからといって、

必ずしもすばらしい結果が得られるわけではありません。

 

時には再治療の可能性を秘めたチャレンジが

必要になることだってあります。

 

そうでなければ、抜歯なのです。

 

できるかぎり早い段階で

チェックを受けられていれば、

大変な状態は避けられたかもしれません。

 

治療の繰り返しにならないように、

できるだけ早めの予防処置や、

点検を講じられることをお勧めします。

トップへ戻る