セラミック治療のよくある例 その29 着脱式入れ歯と関連するケース|浦安市の歯医者|新浦安駅のローズタウン歯科クリニック

1day短期集中治療対応

駐車場有り

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

047-354-5418

千葉県浦安市富岡4-1-8【新浦安駅近く】

セラミック治療のよくある例 その29 着脱式入れ歯と関連するケース

セラミック歯

 

着脱式のいれ歯を使っている方で、留め具をひっかけている歯がむし歯になってしまったケースです。

 

これは既に歯の中の治療が完了し、グラスファイバーと樹脂で封鎖と補強をしています。

セラミック歯

 

 

この歯です。

この二つ後ろの歯を2本失われており、入れ歯を使われています。

セラミック歯

 

留め具がこのように歯にかかります。

セラミック歯

 

この留め具はむし歯になる前の歯の形にぴったりに作られていました。

その歯の形が少しでも変わるとこの留め具の修理をしないといけなくなります。

 

歯を温存するように削ります。

セラミック修復治療はこのように温存するための処置であるともいえます。

セラミック歯

 

はめ込むセラミックを仮に合わせています。

セラミック歯

 

実は、むし歯の治療をする前にこの歯の形をスキャンしておいたので、

形をそっくりそのままコピーして作ることにしたのでした。

 

釜で焼いたら接着していきます。

セラミック歯

 

接着が完了しました。

セラミック歯

 

入れ歯を入れてみます。

ぴったりです。

これで留め具を修理しなくても良くなりました。

昔から使っているご愛用の品だそうです。

セラミック歯

 

治療前後の写真です。

セラミック歯

 

スキャン技術の進歩でこのようなこともできるようになっています。

凄い時代ですね!

トップへ戻る