う蝕治療のよくあるケース その1 一見小さな穴の下で広がっているケース|浦安市の歯医者|新浦安駅のローズタウン歯科クリニック

1day短期集中治療対応

駐車場有り

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

047-354-5418

千葉県浦安市富岡4-1-8【新浦安駅近く】

う蝕治療のよくあるケース その1 一見小さな穴の下で広がっているケース

むし歯予防

 

特に症状はないのに、むし歯が非常に怪しい状態というのがあります。

こういうのです。

 

むし歯予防

 

エナメル質の範囲内(昔でいうC1)という状態であれば、

経過観察しましょうという考え方がありますが、

これはC1の状態を以前から経過観察していました。

 

今回はあきらかに色がおかしいので、ラバーダム下、マイクロスコープ下で探ります。

むし歯予防

 

ちょっとずつ削っていきますと、

 

むし歯予防

 

黒いスジのようなものが見えます。

もう少し削って行きますと・・・

むし歯予防

 

むし歯で溶かされた部屋のようなものが見えてきました。

むし歯(う蝕)の部分を慎重に取っていきます。

むし歯予防

 

二つめの部屋も広そうです。

むし歯予防

 

取りきれたかどうか確認します。

むし歯予防

 

ピンク色に光る部分、ここも削る必要があります。

むし歯予防

 

削ります。

むし歯予防

 

探って行くともう1カ所う蝕の部屋がありました。

むし歯予防

 

う蝕(細菌感染部分)を取ります。

むし歯予防

 

またまた確認します。

むし歯予防

う蝕部分をわかりやすくするこのライト、非常に便利です。

これで詰め物をしてフィニッシュとしました。

むし歯予防

 

ちなみに、この黒い点、

むし歯ではありません。

むし歯予防

 

ミラーについた水滴がこのように見えてますのでご安心ください。

 

今回の治療は、マイクロスコープ下で8倍拡大視野での映像を使ってご説明しました。

この治療を肉眼でできる自身は・・・・ほとんどありません。

はっきりと見えるからこそできる治療だと思います。

トップへ戻る