セラミック治療のよくある例 その5 歯のひびとむし歯の治療|浦安市の歯医者|新浦安駅のローズタウン歯科クリニック

1day短期集中治療対応

駐車場有り

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

047-354-5418

千葉県浦安市富岡4-1-8【新浦安駅近く】

セラミック治療のよくある例 その5 歯のひびとむし歯の治療

セラミック歯

 

なんとなくしみ始めたということで、

拡大視野で確認してみますと、

セラミック歯

 

亀裂が入っていました。

その下の部分は黒くなっていますが、

つめてある金属が透けているのか、

むし歯ができているのかはっきりしません。

 

症状があるので

金属を外し中を見てみますと

大きな虫歯ができていました。

(おおかた予想はしていましたが)

 

 

セラミック歯

 

亀裂は歯ぐきぎりぎりのところでストップしていましたので、

通法どおり中をきれいにして補強です。

 

セラミック歯

 

経過をみて症状がなくなるのを一旦確認後、

歯の修復処置にとりかかります。

 

エナメル質の処理をして、

セラミック歯

 

接着部分もきれいにします。

唾液中のタンパク質が接着を邪魔しますので、

とても大事な操作の一つです。

セラミック歯

 

接着のための処理剤を塗って、

セラミック歯

 

あらかじめ作っておいたセラミックのかぶせものを装着します。

セラミック歯

 

半分は自動で固まり、半分は光で固めるタイプの接着材ですので、

光をあてます。

セラミック歯

 

接着剤のバリがありますので、

セラミック歯

 

きれいに取り除き、かみ合わせを調整し

仕上げて完成です。

 

セラミック歯

 

失われたエナメル質の代わりに

セラミックを使い歯を守っています。

 

このままいっていたら完全に割れていたでしょう。

割れ方が変な方向にいけば、

歯を温存できる可能性が極端に低くなります。

セラミック歯

 

一つ後ろの歯も今後問題を起す可能性が十分ありますが、

今回はこの歯は治療しません。

セラミック歯

 

ただし、定期メインテナンスに通われているので、

いつでも対応できる準備はしておきます。

トップへ戻る