セラミック治療のよくある例 その27 インプラントをいれるスペースがないケース|浦安市の歯医者|新浦安駅のローズタウン歯科クリニック

1day短期集中治療対応

駐車場有り

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

047-354-5418

千葉県浦安市富岡4-1-8【新浦安駅近く】

セラミック治療のよくある例 その27 インプラントをいれるスペースがないケース

セラミック歯

 

歯を1本なくされた方ですが、インプラントをいれるにはスペース不足なことがあります。

セラミック歯

 

極細のインプラントをいれるか、それともブリッジで治療するかの選択になります。

後ろにある2本を支えにしてブリッジを作ります。

表面についている白いのは仮止めの接着剤の残りです。

セラミック歯

 

なんとか仮歯で歯のサイズが小さくなりすぎないように調整をして、

最終の形が整いました。

セラミック歯

 

2本あるうちの手前の歯です。

 

セラミック歯

 

こちらは後ろの歯です。

キレイにしたつもりでも、仮のセメントが残っています。

こういうのが接着を阻害したりしますので、

装着するときは細心の注意を払って拡大視野下で確認することが必要です。

セラミック歯

 

仮歯を模倣して、セラミックのブリッジが完成しました。

比較してみるとほぼ同じように作られています。

セラミック歯

 

これを装着して完成です。

(口の中に装着後の写真はありません)

 

このように歯がぬけた場所にインプラントが適応でない場合もあります。

構造的な条件を満たすようでしたらインプラントよりもブリッジを選択するという場合があります。

 

トップへ戻る