セラミック治療のよくある例 その24 少しずつ銀歯を白くしていきたい|千葉県浦安市の歯医者|新浦安駅すぐのローズタウン歯科

1day短期集中治療対応

駐車場有り

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

047-354-5418

千葉県浦安市富岡4-1-8【新浦安駅近く】

セラミック治療のよくある例 その24 少しずつ銀歯を白くしていきたい

セラミック歯

 

一気に全部白くしたいという方よりは、

少しずつ白くしていきたいという方が多いように思います。

 

この方は奥歯の2本を白くしたいということで、

 

セラミック歯

銀歯だった奥から2番目にセラミックのかぶせものが装着されました。

セラミック歯

 

一番奥の銀歯を外していきます。

セラミック歯

 

いつもどおり、金属アレルギ—のきっかけを作りたくありませんので

金属の削片を口の中に飛ばさないような配慮をしています。

 

セラミック歯

表面だけでなく、歯の内部にも金属が入っています。

慎重に金属を削って外しますが慎重にやらないと穴をあけてしまいます(穿孔)。

もし、穴があいていたり、穴がをあけてしまうと特殊な素材で穿孔を封鎖しないと行けなくなります。

 

セラミック歯

中の金属を外すと、歯の内部に感染が見られました。

歯内治療を行います。

 

残っている部分が非常に少ないため樹脂で壁を作って治療を行っています。

もちろん、ラバーダムはマストです。

 

理由は、唾液中の細菌が歯の内部に入るのを防ぐ必要があるからです。

もし、あなたがラバーダムをされずに歯の治療を受けているとしたら・・・・

これぐらいにしておきます。

 

日本ではラバーダムを使わない歯科医院の方が多いので、

うかつに敵を作ってしまいますので。

 

歯内治療が終了し、グラスファイバーを樹脂に接着し、同時に封鎖と補強をしました。

若干変色している部分はむし歯ではありませんが、セラミック治療においては色を遮蔽しないといけないという影響があります。

セラミック歯

 

8倍の拡大視野で歯を削り、仕上げます。

セラミック歯

 

セラミックの歯を接着したところです。

セラミック歯

 

一番後ろの歯ですが、

銀歯(左)とセラミック(右)での印象はいかがでしょうか?

 

セラミック歯

 

他の歯科先進国では日本でよくみる銀歯というものは存在せず、

銀歯というものは日本独自に保険給付用に開発された代替合金であるとご存知でしたか?

歯科で使用される金属は、ゴールドというのがスタンダードなのですが

保険給付としては費用の面で使えないという理由のようです。

10年後には銀歯治療というのはなくなっているかもしれません。

 

この方はタイミングをみて手前の銀歯を白くされるそうです。

セラミック歯

 

トップへ戻る