セラミック治療のよくある例 その30 大きなむし歯の治療後修復したケース|浦安市の歯医者|新浦安駅のローズタウン歯科クリニック

1day短期集中治療対応

駐車場有り

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

047-354-5418

千葉県浦安市富岡4-1-8【新浦安駅近く】

セラミック治療のよくある例 その30 大きなむし歯の治療後修復したケース

セラミック歯

奥歯に大きな穴ができて痛みがあるということで来院されました。

 

セラミック歯

 

歯が黒くなっています。

 

近くから見てみましょう。

セラミック歯

 

明らかに歯の1/3以上むし歯になっているようです。

セラミック歯

 

すでに痛みがあることから、歯内療法を視野にいれて治療しています。

 

セラミック歯

 

慎重に少しずつ軟化した部分を取っています。

 

セラミック歯

 

神経が見えてきました。

 

セラミック歯

 

歯の中からの出血が見えます。

この出血が止まれば良いのですが、残念ながら今回は麻酔も効きづらく、

炎症がひどいようで、出血が止まりません。

 

歯内治療を行うことになりました。

セラミック歯

 

神経や血管が入っている入口が4つ見えます。

このトンネルをきれいにして、密閉します。

 

セラミック歯

 

ひびが見えてきました。

まだまっぷたつに割れているわけではありませんので、助かりそうです。

 

樹脂で封鎖していて補強します。

セラミック歯

 

そして、形をきれいに整えます。

同時に後ろの歯の側面に見えている虫歯の治療も行っています。

セラミック歯

 

歯の形をスキャンしてセラミックを作り、それを接着します。

セラミック歯

 

表面処理を行いました。

 

接着直後です。

セラミック歯

 

拡大してみてみましょう。

 

セラミック歯

 

前後の比較です。

セラミック歯

 

痛くなってから歯科にかかるという考えの方は、歯を失ってしまう可能性が高まります。

このような治療は決して万全ではなく、単に穴があいたところを封鎖したに過ぎません。

むし歯にしてしまった場合は治療を行いますが、その後にむし歯菌の検査を受けたり、メインテナンスや定期健診、食事の見直しをされることをお勧めしています。

根本的な原因にアクセスしなければ、どんなに健診を受けても繰り返します。

トップへ戻る