インプラント治療のよくある例 その1 おく歯の骨のないケース 上あご1歯|千葉県浦安市の歯医者|新浦安駅すぐのローズタウン歯科

1day短期集中治療対応

駐車場有り

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

047-354-5418

千葉県浦安市富岡4-1-8【新浦安駅近く】

インプラント治療のよくある例 その1 おく歯の骨のないケース 上あご1歯

インプラント

 

インプラント治療でのよくあるケースです。

 

おく歯1本だけを失ってしまった場合に、

どうしてもしっかりと咬みたい、

他の歯への負担は増やしたくない、

その結果インプラント治療を検討したところ、

インプラントを支えるための十分な量の骨が足りないというお方。

 

X線写真でみるとこんな感じです。

インプラント

 

わかりづらいので骨のラインを書いてみますと・・・

 

インプラント

 

まだまだ、わかりづらいので書き足してみますと・・・

インプラント

 

最終的には矢印の位置にインプラントが入りますので、

こんなイメージです。

インプラント

 

これでは骨からインプラントが空洞の方に突き出てしまいますので、

ダメです。

インプラント

 

こういう場合は、

 

インプラント

 

空洞と骨とのさかい目にある うす〜い膜を一部はがして持ち上げ、

インプラント

 

そのスキマにインプラントを配置すれば大丈夫です。

 

インプラント

 

上あごのおく歯はこのように、骨の制限を受ける場合があります。

インプラント

 

さて、実際はどんな感じになるのでしょうか?

 

この方の場合は、

インプラント

 

この部分にインプラントを予定しています。

インプラント

 

マイクロスコープ(手術用顕微鏡)をのぞきながら、

所定の位置をまるく切開し(メモリは1mmですから直径3〜4mm)、

 

インプラント

 

骨をけずっていきまして、

粘膜を露出させます。

インプラント

 

特殊な器具で粘膜をはがしていきます。

インプラント

 

慎重に粘膜をやぶらないように、

 

インプラント

 

さまざまな器具をつかっています。

 

インプラント

 

ある程度はがれてきたら、

あらかじめ採血し遠心分離しておいた血液の一部を、

インプラント

 

粘膜と骨の間に滑り込ませ、

 

インプラント

 

特殊な超音波機器を用いて、さらに内部の空間を広げます。

インプラント

 

所定のスペースが確保できたら、

ストッパーをつけたドリルを使ってインプラントのサイズ通りに骨をけずり、

インプラント

 

中を見て問題がないことを確認します。

 

インプラント

 

大丈夫です。予定どおり順調です。

インプラント

 

インプラントを入れ、

インプラント

インプラント

 

所定の深さにあることを確認します。

インプラント

 

これでインプラントをいれる治療は終わりです。

今回は歯肉が一部陥没しているので、

それも同時に回復します。

 

インプラント

 

人工の骨をいれるスペースを確保し、

 

インプラント

 

外側の陥没した部分に入れていきます。

 

インプラント

インプラント

 

入りました。

 

インプラント

 

見比べてみましょう。

インプラント

 

この部分です。

 

インプラント

 

無事に膨らみました。

 

あとは蓋を取り付けて終わりです。

 

インプラント

 

この蓋は直径が6.5mmです。

実際にあけた穴は4mmですから、

大きさを1円玉で比べてみますとこんな感じになります。

インプラント

 

小さいでしょ?

縫合無しです。

腫れや痛みは最小限で済みます。

(今回のように条件が整えばという話です。
全てのインプラント治療でこれができるわけではありません)

 

術後のX線で比較してみます。

 

インプラント

 

予定した部分に入っています。

 

インプラント

 

将来、骨に置き換わって行く部分が矢印のラインです。

実際には少し減るでしょう。

 

インプラント

 

今回は、上あごのおく歯のインプラント治療を、

拡大視野で行い最小限の手術野(約4mm)でおこなったケースでした。

このケースの続きはこちらです。

トップへ戻る