セラミック治療例 前歯|千葉県浦安市の歯医者|新浦安駅すぐのローズタウン歯科

1day短期集中治療対応

駐車場有り

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

047-354-5418

千葉県浦安市富岡4-1-8【新浦安駅近く】

セラミック治療例 前歯

50代 女性の方です。

 

前歯の治療を20年から30年前にされたそうです。

その後、歯肉が上がって、根っこがみえるようになり

今のような状態になって、そのままにされていらっしゃったそうです。

 

たしかに、かぶせものの色合いはあっていますが、付け根の部分は少し目立ちます。

 

やりかえの治療を希望されましたので、

セラミック治療を計画しました。

 

X線写真でみると、金属の土台がはいっていますので、

撤去してグラスファイバーの土台に変える必要があるようです。

 

すでに1本の土台はいれかえを終えた状態です。

もう1本(↑)も外していれかえます。

 

長い金属の土台を外しています。

 

両方の土台の入れ替えが完了しました。

それから、

新しいセラミック治療(オールセラミック)を接着剤でとめて完成です。

 

唇との統合性もバッチリです。セラミック歯

 

 

S様、お疲れさまでした。

とくに金属の土台を外すときは、お口を開けておくのが大変だったと思います。

これでもう、何も気にする事なく笑う事ができます。

私も、浦安に笑顔が増える仕事に関われて、嬉しく思います。

メインテナンスでお越しになる日が楽しみです。

 

今回の解説をしておきます。

この方の歯の場合は、単に再治療をするだけでは歯が細長くみえてしまいます。

このように、歯の理想的な長さと幅には法則があります。

 

4本とも幅がほぼ同じの現状では、見た目のバランスを欠きます。

今回は、幅のバランスをこのように設定しました。

 

前歯のうち、真ん中にある歯は、門歯とも呼ばれますが、

いわゆる玄関の扉にあたります。

存在感の度合いが大きいわけです。

 

形も個人差があり、様々ですから、

顔の形とキャラクター、唇とバランスも踏まえてデザインします。

 

この他にもたくさんご紹介したい要素はありますが、

割愛します。

 

 

前歯でお困りの際は、是非一度ご相談下さい。

 

トップへ戻る