歯を抜くことになったらまずは移植を考える!|浦安市の歯医者|新浦安駅のローズタウン歯科クリニック

1day短期集中治療対応

駐車場有り

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

047-354-5418

千葉県浦安市富岡4-1-8【新浦安駅近く】

歯を抜くことになったらまずは移植を考える!

投稿日:2017年6月24日

カテゴリ:インプラント

前回は歯ならび矯正(インビザライン)の投稿をしましたが、

今回は歯を失った場合の選択肢について書いてみます。

もし歯が割れてしまって抜かざるをえなくなってしまった場合、

どうしましょうか? という話です。

よく、インプラント、ブリッジ、着脱式義歯の3つの選択肢があり、それぞれのメリットデメリットの話になります。

この3つの中で、咬む力に対して最も有利なのはインプラントなので、

歯周病リスクや全身疾患リスクがなければインプラントが第一選択になるというのが主流なのですが、

実はもう一つ、

歯の移植という選択肢があります。

親知らずなどの余っている歯が存在して、なおかつその歯根の形が複雑ではないという条件付きになりますが、

もし条件が整えば、移植 > インプラント の優先順でお話ししております。

もちろん、条件が合わなかったり、治療期間が長くなる傾向にあるということで

移植よりもインプラントというのもアリです。

じゃあ、移植する歯があっても移植はしたくないから、ブリッジや着脱式義歯というのもアリですが

余っていて活用されていない歯があるのでしたら試してみる価値は十分、いや十二分にありますよ。

移植をする際に、難しいインプラント治療のテクニックを併用する方が有利な場合は、

そのテクニックや器具を併用したりします。

この辺りは、移植単独というよりは合わせ技ですね^^

ですので、いつか移植のバックアップに使えそうな親知らずがあった場合は、

綺麗な状態でしっかり残していくことをお勧めしております。

口腔の健康は、いろんな合わせ技を使うことで高めることができますので、

当院では総合力を高めることに重きを置いて診療しております。

例えば、予防歯科といってもフッ化物を塗るのはいわゆる予防歯科になりますが、

それよりももっと上流の方で考えると、食事の見直しが必要だったりします。

ライザップが食事の見直しをせずに運動だけをすると結果はコミットできないのと同じ原理です。

歯を失って、何らかの方法で歯を補われたら、歯をなぜ失ってしまったのか? それを改善する余地はどこにあるのか?

という点についても切り込んで原因を探り解決していくのが当院のスタイルです。

たくさんの歯科医院にかかられても、口腔内の問題を繰り返してお困りの方、ご来院をお待ちしております。

トップへ戻る