銀歯を外してみたら・・・|千葉県浦安市の歯医者|新浦安駅すぐのローズタウン歯科

1day短期集中治療対応

駐車場有り

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

047-354-5418

千葉県浦安市富岡4-1-8【新浦安駅近く】

銀歯を外してみたら・・・

投稿日:2018年5月10日

カテゴリ:CT診断

いつも同じ所に違和感があるという方、顕微鏡で見てもなんともないのですがどうしても気になるということで銀歯を外してみることになりました。

銀歯を外しても一見なんともなさそうでしたが、その下にしいてある樹脂も外してみたところ、歯に亀裂が入っていました。この亀裂を介して細菌が歯の内部に侵入し、悪さをしているのかもしれません。亀裂がどこまで達しているか、表面だけであればいいのですが亀裂を削って確かめる前にCTを撮影して確認しました。

一応、CT上では問題なし。通常の2次元のレントゲン写真とは違い、3次元情報を詳細に得られるCTはこういうの時に重宝します。しかし、それでも歯の内部の状況はどうなのか? 神経血管は無事なのか? 感染しているのかいないのか?はCTではわからないことがあります。

この方の場合は、次回、歯の内部の状況を調べることになりました。原因を追求して1日も早く解決へ向かえるといいですね。

当院でのCT撮影は、モリタ社の最新型の機械を採用しています。根管治療や部分的なインプラント治療や歯周病の骨の状態などの場合は最小の範囲で撮影し、また広範囲のインプラント治療や矯正治療については最大の範囲で撮影することが可能です。

私自身のCT画像ですが、最小範囲でしたらこんな感じです。範囲が狭い方が画質は詳細になります。

 

最大範囲になるとこんな感じです。


見慣れていないとギョッとしますよね。近隣の歯科医院からの撮影受注もお受けしています。

 

 

トップへ戻る