未来の歯科医療 その2|千葉県浦安市の歯医者|新浦安駅すぐのローズタウン歯科

1day短期集中治療対応

駐車場有り

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

047-354-5418

千葉県浦安市富岡4-1-8【新浦安駅近く】

未来の歯科医療 その2

投稿日:2017年6月18日

カテゴリ:院長ブログ

浦安市のローズタウン歯科クリニック 院長青山達也です。

先週末、当院で活躍中の「セレック」というセラミックを作り出す機械関連の

フォーラムに参加してきました。

歯科で問題となっている「金属アレルギー」の話や、

「新しいセラミック治療」、これからのデジタルを融合させた歯科医療の話を

聞いてきました。

 

さて、これからのどういう時代がくるかということを書いておきます。

前述のSIRONA社は、次世代の機器開発をどんどん進めています。

 

この会社のもつ、スキャン技術とコンピューターテクノロジーは、

今後インプラントの外科治療にも応用されていきます。

 

インプラントを行う際に撮影するCTのX線画像と

歯や歯肉のスキャンデータを、一致させることで、

「より安全な」「より 体に優しい」「より正確な」手術を可能にします。

 

このことは、

現在、問題になっているインプラント手術におけるトラブルケースなどを

激減させることにつながります。

 

また、よりコストを下げることを可能にします。

 

SIRONA社は人々にとって、

真の意味で、貢献する医療機器を作っている会社です。

 

CTは

「キレイな画像を撮影することだけではなく、

そのデータをいかに多様に使えるようにするのか」が大切です。

 

矯正治療の分野においても、イノベーションを起こすであろう開発も

発表されていました。

 

あと、3年ぐらいで日本でも使えるようになるのではないでしょうか。

スマートフォン並みの革新が歯科医療にも起こって来ております。

 

当院のセレックは、今後様々な拡張性をもった機械です。

セラミックを作る機械だけではないということです。

トップへ戻る