歯を守るために必要なこと 歯周病を知る その1|浦安市の歯医者|新浦安駅のローズタウン歯科クリニック

1day短期集中治療対応

駐車場有り

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

047-354-5418

千葉県浦安市富岡4-1-8【新浦安駅近く】

歯を守るために必要なこと 歯周病を知る その1

投稿日:2017年6月18日

カテゴリ:歯周病

浦安市のローズタウン歯科クリニック 院長青山達也です。

歯周病というのを正しく理解していただくことが、

歯を守る「初めの一歩」になります。

 

歯周病の歴史的背景として、

以前は

歯槽膿漏症という病名がついていました。

 

歯の周り(歯槽)から、膿がでる(膿漏)症状 を歯槽膿漏症と呼んでいました。

なぜだか、症状が病名となっていたようです。

 

その後、様々な研究が行われ、「歯槽膿漏の原因は歯垢である」と究明され、

歯周病(Periodontal Disease)として名付けられ、

歯周病学が確立されました。

 

漠然と顎の骨が溶ける病気だとお考えの方が多いと思います。

 

現在の認識では、

「歯周病は100%進行をストップできる疾患である」ということになっています。

 

 

歯を支えているのは、歯の周りの骨(歯槽骨)です。

この骨がしっかりとしていないと、

歯は咬む力に耐えられません。

 

歯周病を調べるためには、

歯周をの状態を調査するための「プロービング」ということを行います。

 

 

これは物差しでポケットを計ってるだけではありません。

25gという規定の力で、

その人固有の、

歯の周りの歯肉の硬さや、炎症の度合い、歯石の沈着度合いも探っています。

 

 

炎症がない歯肉は「張り」があるので、痛みは感じません。

炎症が起こっている歯肉は、触るだけで出血することがあります。

 

触るだけで出血する歯肉の原因を除去していくのが、

歯周病の治療です。

 

また、ご両親の歯の状態についてもお聞きします。

これは、家族歴と言われます。

遺伝的な要素を確認することが、治療に役に立つのです。

現在の所、遺伝子診断よりもこの家族歴を聞く方が

コストも安く確実性が高いと言われています。

 

遺伝的な歯周病に対しては、早期発見が有効となります。

早期発見のために、このようなX線写真を撮ります。

 

左右で1枚ずつ、合計2枚を1年に1度撮影します。

歯と歯の間の隠れたむし歯、

歯と歯の間の骨の状態を上下一緒に診ることができます。

 

当院では、定期健診のメニューとして、お子様においても

この規格写真を年に1度撮影しております。

 

この方法は欧米歯科先進国のスタンダードをモチーフとしております。

 

残念ながら、

日本は、問題が起きてから治療を行う「疾病医療」が基本のため、

このような先手を打つ歯科先進国の手法は

一部の歯科医院でしか行っていないという現状があります。

 

そのような国が提供する医療の背景を十分に理解して、

医療機関を選択されることをお勧めします。

トップへ戻る