白い歯 セラミック治療 その3|浦安市の歯医者|新浦安駅のローズタウン歯科クリニック

1day短期集中治療対応

駐車場有り

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

047-354-5418

千葉県浦安市富岡4-1-8【新浦安駅近く】

白い歯 セラミック治療 その3

投稿日:2017年6月18日

カテゴリ:審美歯科

浦安市のローズタウン歯科クリニック 院長青山達也です。

セラミック治療はここ数年で劇的な進化をとげたのをご存知でしょうか?

まずは、素材の革新が起こりました。

以前は、奥歯に、「全部をかぶせるタイプのセラミック」を使う場合は、

金属を併用したもの(Porcelain Fused Metal Crown)がスタンダードでした。

 

今は違います。

強化型セラミックの開発により、

金属を全く使わないかぶせもの治療が可能になり、

スタンダードになっております。

 

日本においては、銀歯治療が保険治療のスタンダードのため

まだまだ普及しておりません。

 

この金属を使わないセラミック治療は、複数本をつなげたセラミック治療においても

可能です。その場合はフレームの強度を得るために金属ではなく、ジルコニアという素材を用います。

そのジルコニアと前述の強化型セラミックを融合させた方法で、

ブリッジを作成することが可能になっています。

 

金属を使わない治療(メタルフリー)は、もう既に可能になっているのです。

当院においても、金属アレルギーの有無に関わらず、

メタルフリー治療をスタンダードにした、診療を行っております。

 

保険の銀歯治療に使用される金属は、

金属アレルギーの可能性を含む金属を多数含んでいる代用合金です。

残念ながら、歯科医療関係者は自分たちの家族には使用しません。

その理由は、金属アレルギー というカテゴリーにて後述したいと思います。

トップへ戻る