なにが違うのセラミック治療?|千葉県浦安市の歯医者|新浦安駅すぐのローズタウン歯科

1day短期集中治療対応

駐車場有り

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

047-354-5418

千葉県浦安市富岡4-1-8【新浦安駅近く】

なにが違うのセラミック治療?

投稿日:2017年6月19日

カテゴリ:審美歯科

銀歯を外して、

白いセラミックに入れ替えをする治療があります。

 

日本では、

「銀歯でいいです」という人がまだ多いかもしれませんが、

欧米では、

日本でみかけるような銀歯の治療は存在しません。

 

 

それは、

この銀歯というのは、

「日本独自に開発した代替合金だから」

日本にしか存在しないというのが理由です。

 

 

 

最近では、

最初から銀歯を使わず、

自然感や金属フリーな治療を求める方が

増えているようです。

 

 

この記事では、

セラミック治療と、銀歯治療の違いについて

見た目以外のポイントを

解説いたします。

 

 

違いのポイントは、

「つけ方」が違います。

 

セラミック治療では、

「接着」

という技術を使って歯に装着します。

セラミック 歯

従来の金属のかぶせものは、

「接着」ではなく

セメントを間に介在させた「摩擦力」

で歯に装着してあります。

これは「合着」といわれます。

 

 

 

セラミック治療は、

「接着」により、

「歯質を削る量を最小限に減らし、歯を温存できる」

ということが

「利点の一つ」として挙げられます。

 

セラミック 歯

このように

足りない部分だけを

補うことができるわけです。

 

 

 

一方で、

金属を使った場合の設計は

摩擦力で外れないように

「維持」されるデザイン

にする必要があります。

 

セラミック 歯

このままでは、

かみ合わせの力に耐えられず

矢印の方向に

外れやすくなってしまいます。

 

 

そのため、

外れにくくするためには、

全周をかぶせる方法を

取らざるを得なくなります。

 

 

つまり、

このように↓

全周を削り、

かぶせる治療を選択することになります。

セラミック 歯

 

 

↓健康な部分も

たくさん削ります。

セラミック 歯

 

金属の歯を外れにくくするために

余分に歯を削り、

その代償として

歯の寿命を短くしてしまうのです。

 

 

 

もし、

むし歯を繰り返し、

何度も治療を行うと

金属の範囲が大きくなります。

 

 

この図↓のように

抜歯に近づきます。

セラミック 歯

 

 

話を戻しまして、

「接着」は

健康な部分を温存できる

というメリットに加え、

もう一つ歯を守る利点があります。

 

 

 

その利点は、

バクテリアを

歯の内部(歯髄や血管が入っている空間)に

侵入させない

「樹脂のバリア」を

つくるということです。

セラミック 歯

ここで、

この樹脂のバリアについて

理解していただくために、

歯の構造についてご説明します。

 

 

 

歯(歯冠)の構造は、

表面を覆っている

エナメル質(虹色の部分)と、

その下部に存在する

象牙質

に分けられます。

セラミック 歯

 

そして、

象牙質に囲まれる中の空洞には、

神経や血管が存在しています。

セラミック 歯

ここまでは

ご存知の方が多いでしょう。

 

 

 

エナメル質

を電子顕微鏡でみると

↓のような構造をしています。

 

 

 

あたかも

毛足の短い

「密につまった絨毯の表面」のようですね。

 

 

ここをバクテリアは、自由に通ることができません。

セラミック 歯

 そして、

エナメル質の下に存在する

象牙質は、

電子顕微鏡でみると↓

このような構造をしています。

 

 

 

たくさん

穴が空いているように

見えますよね。

 

 

 

実際には

ストローのようなチューブが

束ねられている

構造をしています。

 

セラミック 歯

この内側に

神経や血管が存在します。

 

穴があいているので、

バクテリアは

自由に中に入ることができます。

 

 

そして、

内部の無菌空間に

バクテリアが入り感染を起こすと、

炎症が起こり、痛みを生じます。

 

 

このたくさんの穴に

樹脂でふたをして、

バクテリアの侵入を許さないのが

「接着」です。

セラミック 歯

 

さきほどの

たくさんの穴に

樹脂が接着され、

周りの象牙質を取り除いた

電子顕微鏡画像です。

 

 

 

もし、

歯を削る場合は、

「接着」を用いて、

樹脂による

「人工エナメル質」を作ることで、

バクテリアの侵入を

許さないようにすることが大切です。

 

 

 

 

「接着」が

歯を守るということを

御理解いただけましたか?

 

そもそも、

もっと大切なことは

エナメル質を

安易に

喪失しないということになるのですけどネ!

トップへ戻る