インプラントの稀なケース|千葉県浦安市の歯医者|新浦安駅すぐのローズタウン歯科

1day短期集中治療対応

駐車場有り

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

047-354-5418

千葉県浦安市富岡4-1-8【新浦安駅近く】

インプラントの稀なケース

投稿日:2017年6月19日

カテゴリ:インプラント

インプラント治療で

稀なケースがありますので、

ご紹介しておきます。

 

 

それは、

骨がたくさんあるケースです。

インプラント

緑(みどり)色の部分が、

インプラントを設置する部分の

シュミレーション画像です。

 

 

全周に分厚い骨が存在しています。

 

 

抜歯後数年経過していて、

しっかりと骨が治癒(ちゆ)していて、

骨が太い方、

なかなかいらっしゃいません。

 

 

このような場合は、

切開(せっかい)を最小限にして

インプラント手術を行うことが可能です。

 

 

(ご注意下さい!以下白黒の手術画像が出ます!)

 

 

 

インプラント

 

 

このように↓、

インプラントをいれるための、

必要最小限の部分のみ切り取り、

 

 

 

インプラント

 

 

 

↓所定の位置に穴をあけ

インプラント

 

 

 

↓所定の深さに骨(ほね)を削り、

インプラント

 

 

 

↓ 所定の位置にインプラントを設置します。

インプラント

 

 

 

↓インプラントに蓋(ふた)を取り付け、

このまま治癒(ちゆ)を待ちます。

インプラント

 

 

 

切開(せっかい)したり、

剥離(はくり)しないので、

縫合(ほうごう)もなく、

術後の痛み(いたみ)や違和感(いわかん)は、

最小限になります。

 

 

 

「私もこの方法でお願いします!」とお考えの方、

ちょっとお待ち下さい。

 

 

この方法は、

このような条件が整(ととの)えば、

可能ですが、

ホントに稀な方にしかできません。

 

 

 

ほとんどの方は、

骨(ほね)が不足していますので、

骨の造成(ぞうせい)処置が必要となります。

 

 

骨の造成を行うには、

骨の移植や、膜の設置などを必要としますので、

今回ご紹介した方法と比較すると、

腫れます。

 

 

今回は

スタンダードケースの

フラップレスアプローチをご紹介しました。

 

 

 

 

歯を失わないようにする対策は、

たくさんあるんですけどネ!

 

 

そこまでは、

なかなか、

目を向けられない方が多いようです。

トップへ戻る