インプラントのしくみ その1|浦安市の歯医者|新浦安駅のローズタウン歯科クリニック

1day短期集中治療対応

駐車場有り

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

047-354-5418

千葉県浦安市富岡4-1-8【新浦安駅近く】

インプラントのしくみ その1

投稿日:2017年6月18日

カテゴリ:インプラント

浦安市にあるローズタウン歯科クリニック院長 青山達也です。

 

インプラント(正確には、デンタルインプラントといいます)のしくみを

解説します。

インプラントは顎の骨にどうやってくっつくのか?

まず手術をした当初は、

インプラントが顎の骨にねじで固定されてくっついています。

ここまでは、木の板にねじを固定するのと全く同じです。

 

この後、体の骨は傷口を治すような働きを起こしていきます。

ミクロのレベルでは、様々な細胞が傷をうけた骨を治そうとする働きを、

開始していくのです。

 

治癒がどんどん進むに連れて、

骨の中に位置するデンタルインプラントは、

骨の中に取り込まれていきます。

この一連の現象を、我々は「オッセオインテグレーション(Osseointegration)」と

呼んでいます。

自然なもの(からだ:生体)と人工物(インプラント)を利用した治療が、

インプラント治療なのです。

↓ ツリーハウスもデンタルインプラントに概念が似ていますね

 

インプラントについての詳しい情報は、

右下にあるITI study club 千葉 からどうぞ。

トップへ戻る