インプラントの際に骨がない場合|浦安市の歯医者|新浦安駅のローズタウン歯科クリニック

1day短期集中治療対応

駐車場有り

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

047-354-5418

千葉県浦安市富岡4-1-8【新浦安駅近く】

インプラントの際に骨がない場合

投稿日:2017年6月18日

カテゴリ:インプラント

浦安市にあるローズタウン歯科クリニック院長 青山達也です。

インプラントの術前診断において、

インプラントをするのに十分な骨がないという場合があります。

実は、当院で行うインプラントのほとんどのケースは骨が不足しています。

当院に限らず、インプラントを行う上で必要なのは、

骨のマネージメントがメインになるのです。

 

ですから、いろいろな手法が必要になります。

我々の相手は骨の細胞です。

「いかに新しい骨をつくりやすい環境づくりをするか?」ということになります。

 

インプラントロジー(インプラント学)が発展してきたのは、

この骨の造成方法においてたくさんのトライアンドエラーが繰り返され、

改良と淘汰を繰り返し、安定した手法が提供されるようになってきたからです。

 

↑このような骨造成処置の20年間をまとめたテキストブックがあります。

骨の造成処置は、使用する素材の開発が現在進行形で進んでおります。

トップへ戻る