インプラントの際に骨がある場合|千葉県浦安市の歯医者|新浦安駅すぐのローズタウン歯科

1day短期集中治療対応

駐車場有り

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

047-354-5418

千葉県浦安市富岡4-1-8【新浦安駅近く】

インプラントの際に骨がある場合

投稿日:2017年6月18日

カテゴリ:インプラント

浦安市にあるローズタウン歯科クリニック院長 青山達也です。

インプラントの術前診断において、インプラントする場所に骨が十分ある場合は

処置自体は非常にシンプルになります。

所定の位置に、所定の軸にインプラントを丁寧に埋入するということです。

ITI の分類ではスタンダードな(Straight forward)外科処置と分類されます。

このような場合、歯肉の切開を行わずにインプラントを埋入することが

可能なことがあります(フラップレス アプローチ)。

 

フラップレスアプローチは、生体への侵襲が非常に少なく、

術後も痛みや腫れがほとんどなく楽に過ごせます。

そのため、数年前には大変もてはやされた時期がありました。

しかしながら、その後、様々な検証が行われました。

現在では、

「フラップレスアプローチは非常に限られた手法で、

精密な検査の上で用いられるべき手法である」という結論に至っております。

当院でも、フラップレスアプローチが可能な場合は行いますが、

あくまでも条件が整った場合のみ行っております。

つまり、「安全性」「成功率」最優先しているということです。

トップへ戻る